モーグルとカバとパウダーの日記

モーグルやカバ(EXカービング)山スキー(BC)などがメインの日記でした。今は仕事のコンピュータ系のネタが主になっています。以前はスパム対策関連が多かったのですが最近はディープラーニング関連が多めです。

抜き足のキックターン

モーグルとカバとパウダーの日記
のコメントで、いたぽんさんから教えてもらった「抜き足」でのキックターンについて、いまいちわからなかったのでぐぐってみたが、やはりわからない。

雪山の登り方

山側スキーを180度回し、次に谷スキーを引いて回して山スキーの山側に突っ込むように入れます。

うーん、アクロの不思議なキックターンみたいなやつと同じ動きなのかな?
山側スキーは180度回すときに、谷側にもってっちゃっう?
それとも山のままで谷側スキーを回すときに山側にもってくのかな?


(追記)

コメントとトラックバックから。
まだ雪上で試してないので自分はまだいまいちわかってないです。


いたぽんメソッド

  1. ポールで体を支えながらやや前傾、山側のスキーを後ろに抜く。(スキーのトップが谷足のビンディングの後ろになるくらいまで)
  2. 山足のスキーを後方に向きを変えてスキーが重ならないように踏み出す。(大きなハの字になる感じ)
  3. ストックの位置を変えて体を支えながら、谷足のスキーもそろえる。(普通のキックターンのようにしてもいいし、これも後ろに抜いても可。ケースバイケースで)
  4. 体勢を整えながらストックをそろえて完了。


nyamaメソッド(Another 朝顔日記 - キックターン)

山に向かって左上しているとします。左足が谷足です。んで、これから右上に方向転換するとします。

  1. まず谷足(左足)を前に出し、前方で向きをかえて山側に持ってきます。
  2. 左足が山にあって、右を向く形になります。(したがって左右のひざ頭が向き合う形)
  3. 山側にある左足に体重を移して、この時点での谷足(右足)を後に抜くようにして、からだの後方で向きを変えます。
  4. 向きを変えた右足をそのまま谷側に着地させて完了